男女

腎臓病は食事療法で改善する┃低タンパクの料理が良い

タンパク質と塩分を控える

食事

初期症状は尿の色の変化

人間にとって腎臓は非常に重要な働きをする臓器です。血液中の老廃物をろ過して尿として排出するだけでなく、体内の水分の調節や血圧を調整するホルモンなどを分泌します。これらの働きによって体内環境を調整しているのです。腎臓に異常が起こると身体のあちこちに異常が起こります。腎臓病は生活習慣病の一種とも言われており、普段の規則正しい生活が大切です。腎臓病の特徴はかなり進行しないと症状がわかりにくいという点です。気がついた時は尿毒症になっていたり透析が必要になっていたりします。そのためには早期発見が大事ですが、最もわかりやすいのは尿の色です。尿にタンパク質と血液が混ざっている時はすぐに病院へ行くべきです。タンパク尿は尿の色が濁って泡立ちます。血が混ざっていると血尿が出ます。

病食用の宅配弁当が便利

腎臓病にかかったら食事療法が行われます。なぜ食事療法が大切かというと、タンパク質や塩分の取りすぎは腎臓に負担をかけてしまうからです。負担がかかると腎臓病が悪化します。そのために管理栄養士が考えたメニューに基づいて食事療法が行われるのです。食事療法のポイントはタンパク質と塩分を控えることですが、その他にカリウムの過剰摂取にも注意が必要です。ただしエネルギーは適正な量をとるようにします。身体の3大栄養素は糖質、タンパク質、資質です。糖質と脂質は体内で燃焼して体外に排出されやすいのですが、タンパク質は分解されて老廃物になって腎臓に負担がかかるのです。塩分も腎臓に負担をかけるので減らす必要があります。家庭内で食事療法をする場合は、腎臓病食の宅配弁当を利用すると料理の負担を減らすことができます。