男女

腎臓病は食事療法で改善する┃低タンパクの料理が良い

大切な毎日の食事

料理

どんな治療をするのか

腎臓は体内の血液や不純物を濾過して尿として排泄する機能を持っていますが、腎臓病になるとそれが正常に行えなくなります。腎臓病になると塩分・たんぱく質・カリウム等の摂取制限が行われ、食事療法をして改善を目指します。糖尿病の患者と同等のメニューで行うのが一般的ですが、症状が進んでしまっている場合は水等を控えなければいけません。塩分は1食あたり2gが理想的であり、これを超えると浮腫の心配があるので注意して過ごすようにしましょう。水や塩分の摂取に関しては医師や栄養士と相談しながら行うと安心出来ます。レシピは書籍やネットで参考に出来てバラエティーが豊富なので、有効活用してストレスなく食事療法を行えば腎臓病が大幅に改善するメリットが見込めます。

幾つかの注意点

腎臓病の食事療法は糖尿病食と比較すると制限される食材が数多くあるので、注意しなければなりません。野菜に含まれるカリウム(塩分やミネラルを排出)の過剰摂取は出来るだけ控えるのが一番です。野菜を食べたい場合は茹でる事によって3割以上カリウムをカットでき、油を使わないヘルシーな調理法で済みます。それに加えて腎機能が低下している際は、たんぱく質を計算して調理する必要があります。例としてハンバーグには多くのたんぱく質が含まれますが、具材にかさ増し食材を加える事によって普段通りの食事が楽しめます。食事療法は調理法を工夫する事で無理せずに続けられますので、腎臓病になった場合は諦めずに前向きな気持ちで取り組みましょう。