男女

腎臓病は食事療法で改善する┃低タンパクの料理が良い

塩分を減らすための工夫

シニア

宅配弁当で負担を減らす

腎臓病の特徴は発症したら完治できないという点です。主な治療法は薬物療法と食事療法ですが、これは症状を進行させずに抑えるための治療法です。悪化させると人工透析をすることになりますから、それを防ぐためには特に食事療法が重要になります。食事療法の基本はタンパク質を摂りすぎないで、エネルギーを十分に摂取することです。タンパク質は1日に摂取する量が決まっていますから、それに従って食事をします。家庭では健康な人の食事と腎臓病食の両方を作るのはとても困難です。そのような時には工夫をして腎臓病食の宅配弁当を利用します。管理栄養士がきちんと管理して作っているので、安心して食べられます。自宅まで配達してくれるので主婦の負担が軽くなります。

加工食品を食べ過ぎない

腎臓病の食事療法で最も大事なことは塩分を摂りすぎないことです。腎臓病にかかるとナトリウムを排出する機能が衰えるので、塩分は控える必要があるのです。塩分というと塩とか調味料をイメージしますが、実はハムやソーセージなどの加工食品やはんぺんやかまぼこなどの練り製品に多く含まれているのです。地域によっては漬け物や佃煮や干物を欠かさず食べる習慣がありますが、腎臓病を予防するには控えた方がいいのです。また調味料の代わりにレモンや酢などを利用すると、塩分を減らしてもおいしく食べることができます。症状によっては水を制限する場合があります。飲み水はもちろんですが、野菜などにも多くの水分が含まれるのでそれも考慮に入れて制限をします。